甘草読み方:カンゾウ 英語名:Lcorice chinese

甘草はその名の通り「甘みが強い薬草」というところから名付けられ、漢方薬に最も多く配合されている生薬の一つです。
他の生薬の効能を高めたり、毒性を緩和する効果があるため、東西問わず古くから重宝されてきました。

基本情報

別 名 国老、生草、炙草、リコリス
学 名 Glycyrrhiza uralensis
原 材 料 マメ科ウラルカンゾウ、スペインカンゾウ
薬用部位 素材の根を用いる
採取・時期 開花後、根を採取し適当な長さに切りそろえ天日乾燥させる
産 地 中国, モンゴル

漢方医学的情報

生薬分類 補気薬
薬 味 甘味
薬 性 平性(食べても変化は余りない)
薬効、薬理 止咳, 止痛, 清熱解毒, 補気
帰 経 心経, 脾経, 肺経, 胃経
配合漢方薬 茯苓杏仁甘草湯大黄甘草湯芍薬甘草附子湯芍薬甘草湯厚朴生姜半夏人参甘草湯甘草附子湯甘草湯甘草瀉心湯甘草乾姜湯連珠飲苓桂味甘湯苓桂朮甘湯苓桂甘棗湯苓姜朮甘湯苓甘姜味辛夏仁湯竜胆瀉肝湯立効散六君子湯抑肝散加陳皮半夏抑肝散加芍薬黄連抑肝散薏苡仁湯明朗飲加菊花麻杏薏甘湯麻杏甘石湯麻黄湯人参養栄湯人参湯女神散二陳湯二朮湯奔豚湯補中益気湯防風通聖散防已茯苓湯防已黄耆湯平胃散分心気飲扶脾生脈湯附子理中湯附子人参湯附子粳米湯茯苓沢瀉湯茯苓四逆湯不換金正気散白虎湯白虎加人参湯白虎加桂枝湯白朮附子湯半夏瀉心湯半夏散及湯八味逍遙散八解散麦門冬湯排膿湯排膿散及湯独活湯独活寄生湯独活葛根湯当帰湯当帰四逆湯当帰四逆加呉茱萸生姜湯当帰建中湯当帰飲子桃核承気湯定悸飲通導散釣藤散肘後方、香柿蔕湯調胃承気湯中建中湯治打撲一方治頭瘡一方竹葉石膏湯竹筎温胆湯大防風湯蘇子降気湯疎経活血湯続命湯銭氏白朮散喘四君子湯千金内托散川芎茶調散洗肝明目湯清肺湯清熱補気湯清心蓮子飲清暑益気湯清上防風湯清上蠲痛湯清湿化痰湯清肌安蛔湯参苓白朮散神秘湯参蘇飲秦艽防風湯秦艽羌活湯逍遙散升麻葛根湯消風散椒梅湯小続命湯小青竜湯加石膏小青竜湯加杏仁石膏小青竜湯小柴胡湯加桔梗石膏小柴胡湯小建中湯生姜瀉心湯蒸眼一方潤腸湯十味敗毒湯十全大補湯鷓鴣菜湯滋腎明目湯梔子柏皮湯紫根牡蛎湯四君子湯四逆湯四逆散四逆加人参湯滋陰至宝湯滋陰降火湯三味鷓鴣菜湯酸棗仁湯柴苓湯柴朴湯柴蘇飲柴芍六君子湯柴胡疎肝湯柴胡清肝湯柴胡桂枝湯柴胡桂枝乾姜湯柴胡枳桔湯加五味柴胡加竜骨牡蛎湯柴梗半夏湯柴陥湯柴葛湯加川芎辛夷柴葛解肌湯五淋散五積散五虎湯香蘇散香砂六君子湯香砂養胃湯香砂平胃散甲字湯堅中湯外台四物湯桂麻各半湯荊防敗毒散啓脾湯桂枝人参湯桂枝二越婢一湯加朮附桂枝二越婢一湯桂枝湯桂枝芍薬知母湯桂枝加苓朮附湯桂枝加竜骨牡蛎湯桂枝加朮附湯桂枝加芍薬湯桂枝加芍薬大黄湯桂枝加芍薬生姜人参湯桂枝加厚朴杏仁湯桂枝加葛根湯桂枝加黄耆湯桂枝越婢湯桂姜棗草黄辛附湯荊芥連翹湯九味檳榔湯駆風触痛湯駆風解毒散銀翹散杏蘇散響声破笛丸芎帰調血飲第一加減芎帰調血飲芎帰膠艾湯帰脾湯枳縮二陳湯桔梗湯帰耆建中湯甘露飲甘麦大棗湯栝楼薤白湯加味平胃散加味逍遙散加川芎地黄加味逍遙散加味解毒湯加味温胆湯葛根湯加川芎辛夷葛根湯葛根紅花湯葛根加朮附湯葛根黄連黄芩湯藿香正気散膈下逐瘀湯化食養脾湯加減涼隔散解労湯解急蜀椒湯乙字湯去大黄乙字湯黄連湯黄芩湯黄耆建中湯越婢加朮附湯越婢加朮湯温胆湯温経湯烏苓通気散烏薬順気散胃苓湯安中散加茯苓安中散

一般情報

主用成分 グリチルリチン、イソリキリチン、イソリキチゲニン、リキリチゲニン、ペクチン性多糖
主な効能 エキス:抗潰瘍、抗炎症、抗アレルギー、鎮咳。グリチルリチン:肝臓保護、抗アレルギー、抗腫瘍など。
病気への応用 鎮咳、去痰やリウマチ、関節炎、扁桃炎、アレルギー、潰瘍、アジソン病などに用いる。
副作用---

甘草 by Hanabishi

カンゾウ

 

こちらの関連ページもどうぞ

注目度の高いページもご覧下さい

  1. 補気薬
  2. 理気薬
  3. 桑葉
  4. 赤芽柏
  5. 木瓜
  6. 決明子
  7. 白鮮皮
  8. 柿蒂
  9. 丹参
  10. 九香虫

薬味とは

生薬はその味によって五味(酸、苦、甘、辛、鹹)に分類されます。


酸味… 散らばったものを収める働きがあり、肝、胆、目、筋の機能を補います。


苦味… 軟らかいものを引き締め、熱状を鎮め、湿りを乾かす働きがあり、心、小腸の機能を補います。


甘味… 激しいものを緩め薄める働き(緩和作用)や足らないものを養い補っていく働きがあり、脾、胃をはじめ消化器系の機能を補います。


辛味… 気や血の滞りを散らし、発散させる働きがあり、肺、大腸、鼻、皮膚の機能を補います。


鹹味(カンミ、塩辛い味)… 乾きを潤し、硬いものを軟らかくし、水分の調節をする働きがあり、腎、膀胱、耳、骨髄の機能を補います。

薬性とは

生薬が身体を温めるか冷ますかなどの度合いを表したものを「薬性」と呼び、主に5つに分類されます。


…身体を強く冷やす効果がある。


…「寒」より穏やかに身体を冷やす効果がある。


…身体に熱的な影響を及ぼさない。


…身体を穏やかに温める効果がある。


…身体を強く温める効果がある。


さらに効果の高い「大寒、大熱」なども分類されます。

帰経とは

その生薬が作用する経絡、臓腑などを表したものを「帰経」と呼びます。


五蔵:心…心臓、循環機能や自律神経、「神」とも呼ばれ意識や思考なども表しています。


五蔵:肺…肺、呼吸機能や体温調節を表しています。


五蔵:脾…消化器全般の消化・吸収機能を表しています。


五蔵:肝…肝臓や目、自律神経、中枢・運動神経などを表しています。


五蔵:腎…泌尿・生殖器や内分泌系を表し、気を蓄える所とされています。


六腑:小腸…脾の一部である小腸の吸収機能などを表しています。


六腑:大腸…大腸を表し水分代謝に関係しています。


六腑:胆…胆嚢を表し肝の機能の一部を担います。


六腑:胃…胃を表し脾の初期消化を担います。


六腑:膀胱…膀胱を表し腎機能の尿を貯留を担います。


六腑:三焦…水分代謝全般を表します。


心包…五臓:心を包む膜