荊芥読み方:ケイガイ 英語名:Schizonepeta tenuifolia

日本薬局方にも収録されている生薬・荊芥は、鎮痛、抗炎症作用などを持っています。
日本にも古くから伝えられており、花穂を「荊芥穂(けいがいすい)」と呼びます。

基本情報

別 名 荊芥穂、有田草(ありたそう)
学 名 Schizonepeta tenuifolia
原 材 料 シソ科ケイガイ
薬用部位 素材の花を用いる
採取・時期 8~9月頃、地上部を採取し乾燥させてから花穂を採取する
産 地 中国, 韓国

漢方医学的情報

生薬分類 発汗薬
薬 味 辛味
薬 性 温性(食べると温かくなる)
薬効、薬理 利咽, 止血, 消腫, 解表
帰 経 肝経, 肺経
配合漢方薬 荊芥連翹湯防風通聖散当帰飲子治頭瘡一方川芎茶調散洗肝明目湯清上防風湯消風散十味敗毒湯五物解毒散荊防敗毒散駆風解毒散銀翹散

一般情報

主用成分 精油:1 - プレゴン、D-メントン
主な効能 鎮痛、抗炎症、抗結核菌作用など
病気への応用 扁桃腺炎、咽の痛み、血行促進、暑気の風邪などに用いられる
副作用---

ケイガイ by Franz Xaver

 

こちらの関連ページもどうぞ

薬味とは

生薬はその味によって五味(酸、苦、甘、辛、鹹)に分類されます。


酸味… 散らばったものを収める働きがあり、肝、胆、目、筋の機能を補います。


苦味… 軟らかいものを引き締め、熱状を鎮め、湿りを乾かす働きがあり、心、小腸の機能を補います。


甘味… 激しいものを緩め薄める働き(緩和作用)や足らないものを養い補っていく働きがあり、脾、胃をはじめ消化器系の機能を補います。


辛味… 気や血の滞りを散らし、発散させる働きがあり、肺、大腸、鼻、皮膚の機能を補います。


鹹味(カンミ、塩辛い味)… 乾きを潤し、硬いものを軟らかくし、水分の調節をする働きがあり、腎、膀胱、耳、骨髄の機能を補います。

薬性とは

生薬が身体を温めるか冷ますかなどの度合いを表したものを「薬性」と呼び、主に5つに分類されます。


…身体を強く冷やす効果がある。


…「寒」より穏やかに身体を冷やす効果がある。


…身体に熱的な影響を及ぼさない。


…身体を穏やかに温める効果がある。


…身体を強く温める効果がある。


さらに効果の高い「大寒、大熱」なども分類されます。

帰経とは

その生薬が作用する経絡、臓腑などを表したものを「帰経」と呼びます。


五蔵:心…心臓、循環機能や自律神経、「神」とも呼ばれ意識や思考なども表しています。


五蔵:肺…肺、呼吸機能や体温調節を表しています。


五蔵:脾…消化器全般の消化・吸収機能を表しています。


五蔵:肝…肝臓や目、自律神経、中枢・運動神経などを表しています。


五蔵:腎…泌尿・生殖器や内分泌系を表し、気を蓄える所とされています。


六腑:小腸…脾の一部である小腸の吸収機能などを表しています。


六腑:大腸…大腸を表し水分代謝に関係しています。


六腑:胆…胆嚢を表し肝の機能の一部を担います。


六腑:胃…胃を表し脾の初期消化を担います。


六腑:膀胱…膀胱を表し腎機能の尿を貯留を担います。


六腑:三焦…水分代謝全般を表します。


心包…五臓:心を包む膜